教育現場が抱えている問題や課題に関する事例検討を通して、学校教育における教育相談の重要性とその位置づけを理解するための授業です。授業は受講生によるプレゼンテーション→討論→事例検討によって展開します。プレゼンテーションや事例検討で使用する資料などはmoodleを使用して配布します。

大学で学んでいくうえで必要な口頭表現(スピーチ、ディベート、プレゼンテーション)を学びます。メディアセンターやKCNのシステムも実際に使えるようしていきましょう。各自でテーマを決定し、アンケート調査、考察、報告、レポート作成、パワーポイントを用いたプレゼンテーションを行います。これを、その他の作成したレポートやスピーチスクリプトとともにまとめて、個人文集を作成します。こうした活動を通して、視野を広げ、多角的な思考力と表現力を身につけることを目的とします。

一年生「口頭表現」です。

一番上の「ニュースフォーラム」に毎週日曜日までに「〇月〇日の授業でやること」を書き込み、みなさんの敬愛Gメールに一斉送信します。

「考えてくること」「提出すること」などが書かれていますので、予習してください。

うまく受信できない人は、自分でMoodleに入ってチェックしてください。

質問などは[ j-bandou@u-keiai.ac.jp ]にメールください。