公共経済学

飯野1年ゼミのコースです。コース登録お願いします。

各授業には到達目標が存在し、学生はそれに向かって学習する。e-learningを使うと、学生は、各小テストの点やコメントは見ることが出来る。しかし、現在はまだ、学生は、到達目標までどこまで来てどれだけ残っているかの現在地点がわからないし、e-learningによる小テスト以外のグループワークなどがどう評価されているか見えない。

教師は、e-learningを使っていると、早晩、学生の現在地点をその都度確認出来るようにして上げたいと感じるようになる。そこで、Maharaなどのポートフォリオシステムを検討したが、導入には大がかりな準備とコストが必要になりそうだということがわかった。それでは現在何が出来るか?それは、moodleの機能を上手に応用し、実質的に学生がその授業のポートフォリオを一括して見られるようにしてみることだと考える。

そのテストとして、このコースを設けてみた。